乳児嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)について

冬に乳幼児がよくかかる病気です。

多くはウイルス性の急性胃腸炎です。

●どんな病気ですか?

ロタウイルス、アデノウイルス、ノロウイルス(小型球形ウイルス)など多種多様な病原菌によって感染する病気です。

症状は腹痛、嘔吐、下痢、発熱ですが、すべての症状がそろわないこともあります。

乳幼児では多くは突然吐き始め、続いて下痢(クリーム色~白色)になります。痙攣を合併することもあります。

嘔吐下痢による痙攣は群発(小さな痙攣を1日に何回も繰り返す)することが有りますので注意が必要です。

合併症がなければ、1週間くらいでよくなります。

●治療の基本

ウイルス性腸炎に特効薬は有りません。

治療の中心は症状に合わせた治療です。

整腸剤、吐き気止め、下痢止めなどを処方しますが、家庭での食事療法がとても大切です。

吐き続けるときや脱水が強いときは、点滴や入院が必要になります。

吐いたときの対処

1. 嘔吐のあと、約1時間は飲んだり食べたりさせないで、おなかを安静にしましょう。

  吐き気止めの座薬は有効です。常備薬として備えておかれると好いでしょう。

2. 1時間以上嘔吐がなければ、水分(お茶、イオン飲料など)を少しずつ飲ませてみます。

 1回量を少なめに(乳幼児では30~40ml)飲ませてみます。

  30分くらい間隔をあけ、吐かないようなら2~3回繰り返してみます。

3. 数回水分をとっても吐かないことが確認されたら、欲しがれば少し食べさせてみます。

 食欲が無いのに無理に食べさせる必要は有りません。

 炭水化物(ご飯・お粥・うどん)を食べさせます。油もの、卵製品、乳製品は避けましょう。

4. これで吐かなければ、食べる量や種類を徐々に増やしてください。

下痢の時の対処

下痢の症状として最も注意をしなければいけないのは、脱水症です。

脱水症の予防と治療は、お腹を休ませることと水分の補給が基本です。

下痢では水だけでなく塩分も失われます。吐き気が無ければイオン飲料などを積極的に飲ませましょう。

下痢をすると余計にひどくなるからと言って、水分を与えないことがありますが、それは間違いです。

また、腸炎で食欲がなくなるのは自己防衛反応です。

腸が病気で弱っているのですから、腸を休ませるため食事を控える必要があります。

消化吸収がよく、お腹に停滞しないものを与えます。

食べさせるもの、避けるものは嘔吐の時と同様です。

ミルクは消化も吸収もよく作られていますが、下痢のときには決してよいとは言えません。

与える場合は1/2~2/3程度に薄めてください。

ジュース類でも柑橘類(オレンジ)は下痢が長引くことがあります。

●こんな時は早めに受診を

嘔吐が頻回で、水分が取れない状態が長く続くと脱水症を起こします。そのようなときは点滴が必要です。

1)上記の飲ませ方をしても吐き続けるとき、2)元気がなく、顔色が悪いとき、3)口の中や唇が乾いて、おしっこが少ないとき、は早めに受診してください。

●予防について

嘔吐下痢のウイルスは大人にも感染します。

おむつを処理した後は十分に手を洗いましょう。

食前にもよく手を洗い、タオルは個別に使いましょう。

食事も生ものはしばらく避けたほうが良いでしょう。

乳児嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)について
x1