小児の心肺機能停止(CPA)の原因

小児が心肺機能停止することがあります。

そんな時は慌てずに対応することが大切です。

(内因性) (%)

乳幼児突然死 22.0

心疾患 10.1

脳神経疾患 4.1

呼吸器疾患 6.8

重度心身障害 5.1

悪性腫瘍 1.0

その他 5.4

小計 54.0

(外因性) (%)

溺水 14.9

窒息 8.1

交通事故等 13.5

ガス中毒 2.7

その他 6.4

小計 46.0

心拍再開率 38.9%

救命率 4.3%

残念ながら救命率は極めて低いのが現実です。

しかし、小児の場合には心原性疾患より肺原性疾患が多く、迅速な呼吸補助を行えば救命し得る可能性が高いのです。

発見者である保護者など(バイスタンダー)によるその場での迅速な蘇生が大変重要です。

より多くの人が心肺蘇生術を身につけるべきです。

小児の心肺機能停止(CPA)の原因
x1