心臓震盪から子どもを救おう

心臓震盪とは胸部に衝撃が加わることによって、心室細動が誘発され心臓が停止してしまう状態です。

発症者の大半は子どもで、子どもの胸郭は柔らかく、外部からの衝撃が心臓に伝わりやすいからだと考えられます。

最近のデータではスポーツ中の突然死の約20%が心臓震盪によると考えられます。

心臓震盪は致死的な不整脈が原因となる機能的な障害なので、比較的弱い衝撃でも起こり、骨折や心筋が傷害されることはありません。

心臓震盪の発症は、事前の健康診断などで予測することはできません。

もしも発症してしまったら、電気ショックによる除細動が唯一の治療法です。

心室細動が発症してから1分毎に10%ずつ除細動による治療成功率は低下します。

心臓震盪の治療は時間との勝負ですから、その場にいあわせた人がその場で除細動を行うのが理想です。 そのためにはAEDが不可欠といえます。

国内症例における胸部への衝撃手段(輿水ら、2005年6月30日現在)

野球のボール(硬式)    6例

野球のボール(軟式)    2例

ソフトボール(革製)    1例

金属バット(ソフトボール) 1例

拳(少林寺拳法)      1例

手掌(兄弟喧嘩)      1例

肘(夫婦喧嘩の仲裁)    1例

心臓震盪から子どもを救うには

すべての学校と運動競技施設にAEDの設置を義務付けるのが理想です。

また、すべての人が心肺蘇生法を身につけることも重要です。

人工呼吸や心臓マッサージの講習はやや時間もかかりますが、AEDの講習だけなら簡単です。

せめて「AEDだけは使える」ようになりたいものです。

心臓震盪から子どもを救おう
x1